くさび式足場のレンタル・リースは日本レンテクトにお任せ!必要な数だけご用意いたします。

新着情報 News

RSS

HOME > 新着情報

キャッチャーを支保工として使用する場合
2017/1/30
キャッチャーも大引受ジャッキを使用することで、支保工として利用することも可能です(併せて支柱SA-09頭切の取付が必要となります)。
その際は必要な提出物等、安全衛生規則に義務付けられている項目がございます。そちらの詳細に関しては、恐れ入りますが安全衛生規則をご覧ください。

弊社は必要な時に必要な機材を取り揃えていますので、これらの足場レンタルが必要でしたら、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。
防護棚(アサガオ)の施工基準
2017/1/16
2017年1月現在、レンタル需要の高い防護棚(アサガオ)についての施工基準を資料にまとめました。

アサガオの構造・設置に関しては国土交通省から通達(建設工事公衆災害防止対策要綱)が出されていますので、設置する場合には、これを遵守する必要があります。
例えばアサガオの取付部と斜材等の取付部には、全スパンに壁つなぎを設ける必要があります。これは枠組足場の一般的な施工方法とは違うため、注意が必要です。

詳細は資料をご覧いただければ幸いです。

在庫の関係もございますので、ご興味があればお早めにお近くの拠点までご連絡ください。
隙間対策について
2016/12/28
安衛則の第563条には、足場における高さ2m以上の作業場所に設けられる作業床の要件に、床材と建地との隙間は12cm未満とすることが明記されています。
ただし12cm未満にしたからといって、必ずしも対策ができているわけではありません。良い例と悪い例を資料にまとめましたので、宜しければご確認ください。

また対策の一つとして500幅の踏板があります。こちらの材料を使用することで上記の要件を満たすことができます。

各拠点にも500幅踏板は豊富に用意していますので、いつでもレンタル可能です。
この機会にぜひご利用ください。
壁つなぎの使用基準について
2016/12/15
くさび式足場の壁つなぎ取付間隔は、単管足場と同じ基準で定められている。
また強度面においても、壁つなぎの効果を最大限に発揮されるように施工することが決められている。ただし、各現場により壁つなぎの設置する箇所は変わってくるため、その場合は取付位置をずらす等の対象が必要である。

そのような内容を分かりやすく資料にまとめましたので、宜しければご参考にしてください。
足場レンタル、リースのお問い合わせは、お気軽にお電話ください。
年末年始休暇のご案内
2016/12/15
平素は格別のご高配を賜り熱く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら年末年始の関係上、下記期間において入出庫受付を行っておりません。

■休業日
12月28日(水)~1月4日(水)

期間中は何かとご迷惑をお掛けいたしますが
何卒ご了承願いますようお願い申し上げます。
拡幅について
2016/12/1
敷地の狭い建設現場の場合は、足場を組み立てる際に充分な幅の作業床を確保できないことがあります。このような場合、地上から何層か積み重ねた後に足場の幅の拡幅を行います。

その際一般的に使用するくさび式足場の機材は張出ブラケットですが、拡幅した場合は支柱に大きな負荷がかかるため、使用基準にはいくつか拡幅の方法が決められています。

その組立て及び使用基準に関して資料にまとめましたので、今後の組立てやレンタルの際にご参考にしてください。
足場に関して何かお困り事があれば、いつでもお近くの拠点までお問い合わせください。
経年仮設機材の管理のあり方
2016/11/15
足場を使用していると、機材の曲がりやへこみ等が発生し、その状況によってはそのままでは現場で使用できなくなる場合もあります。そのため足場を保有する上では、管理面も非常に重要になってきます。

我々のように、くさび式足場をレンタルする場合、管理状況を怠れば、実際に現場で足場を扱うお客様の安全に危険が及ぶ可能性があります。
そのため当社では各機材センターにて足場の整理や管理を徹底し、万が一の事故もないように努めています。

今回掲載させていただく資料は一般的に言われている仮設機材の管理の現状等についてまとめています。
宜しければご参考にしてください。
くさび緊結式足場の組立て及び使用基準について ~セーフアーチのメリット~
2016/10/31
くさび緊結式足場の使用基準において、昇降階段を設ける場合は2層以下ごとに踊り場を設けておくことが決められています。これは万一の転落に備え、転落距離を少しでも短くするための基準です。
しかしこの基準では狭小地等の現場で、踊り場を設けるスペースが無い場合は昇降階段の設置が困難になってしまいます。

そのような場合はセーフアーチという商品を使用します。セーフアーチとは大きな開口部が特徴の新型はしご付踏板です。
これは「足場からの墜落・転落災害防止総合対策推進要綱の改定について」(平成27年5月20日基安発0520第2号)でも昇降階段の設置が困難な場合は、こういった商品を設置するように解説されています。

セーフアーチの在庫は少ないので、レンタルをご希望のお客様はお早めにお近くの拠点までお問い合わせください。
強度計算をするメリットについて
2016/10/21
くさび緊結式足場は高さ31mを越える場合、二本組とすることが必要であった。
使用する機材の量も多く、その分人工代もかかってしまい、工期に関しても考えなければならない等、悩ましい事が多数存在します。

しかし、平成27年7月1日に施行された安全衛生規則の改正により、強度計算を行えば二本組で組まなくても良い可能性が出てきました。
今回の資料はそちらをまとめたものです。

詳細が知りたい方、また図面の作成依頼等、足場のレンタル以外にもお近くの拠点までお気軽にお問い合わせください。
ランディングボックス作業手順の動画をアップしました
2016/10/13
ランディングボックス作業手順を説明した動画をアップしました。

是非ご覧ください。好評レンタル中です。

ランディングボックス作業手順

ランディングボックス作業手順の動画をアップしました

※クリックすると写真が拡大します。

BACK